【早めの予約必須!】屋形船の繁忙期をチェック

当たり前ですが、屋形船を予約する上で「希望した日にちに予約が取れる」ことは重要なことですよね。

屋形船は屋形船運営会社にもよりますが、1隻しか持っていない業者や、4~6隻持っている業者など様々です。

大きな5隻前後運営している屋形船さんでも予約がいっぱいで取れないシーズン、繁忙期があります。

予めチェックしておきましょう!

お花見シーズン

Https www pakutaso com shared img thumb KAL88 arashiyamanosakura20120415

お花見シーズンは人気な季節の一つです。

年度始めで宴会も開かれやすいですし、みなさまに宴会のイメージのしやすい季節ですよね。

近年では「日本の桜」が観光として海外の方から人気があるようで。

この季節は外国の方の乗船も盛んになるのも特徴です。

隅田川沿いや、江戸川沿いを遊覧する屋形船は、沿いの桜が東京の夜景に当てられてとても綺麗に見えます。

2ヶ月前後前の2月頃を目安に早めの予約をお勧めいたします。

花火シーズン

Https www pakutaso com shared img thumb AME 8421hadenahanabi

最も予約で混み合う日となっております。

隅田川の花火の日は特に予約が取りづらくなっております。

屋形船に乗りながら見る花火は格別です。

川に光が反射して、何も邪魔にならない場所から見ることができます。

最も予約が殺到するため、4~5ヶ月前、3月頃には予約をした方がいいようです。

この日については最低乗船人数が15名ではない屋形船も多いので、事前にお問い合わせされたほうがいいですね。

忘年会シーズン

Https www pakutaso com shared img thumb ITOU85 ryouri20150221172012

この時期は平日の月曜~木曜はそこまで混まないのが特徴の繁忙期です。

金曜日の予約は最も取りずらい時期となっております。

冬は鍋など冬メニューを用意している屋形船も多いので料理も楽しんで頂けるかと思います。

忘年会シーズンの金曜日については2ヶ月前後前から予約を検討されることをお勧めいたします。

夏季シーズン

一年を通して一番屋形船の乗船が盛んになるのが夏になります。

川の涼しさが屋形船を選ぶ理由になるようですね。

日にちを選ばなければ、予約ができないということはありませんが。

週末などは近々の日程で予約を取ることが難しくなっております。

他の飲み屋での宴会と比較して、少し早めのスケジューリングで進めて行くことをお勧めいたします。

まとめ

このページを見て、ご予約をご検討の方。いかがでしたでしょうか?

この季節には開催のニーズが高まるので、あなたもこの時期に合致していたのではないでしょうか?

もしこの繁忙期シーズンで予約を検討されていらっしゃるのであれば、是非早め、早めのご予約お問い合わせをお願いいたします。