江戸川区花火大会の楽しみ方(見どころと穴場スポット・周辺観光スポット)

江戸川区花火大会 2018年の概要〜楽しみ方

対岸の「市川市民納涼花火大会」と同時開催される「江戸川区花火大会」は、都内トップレベルの規模と来場者を誇る人気の花火大会です。2018年に開催されるエキサイティング花火2018 第43回「江戸川区花火大会」の見どころと、穴場の観覧スポット・周辺観光スポットをご紹介します。

江戸川区花火大会の見どころ

「江戸川区花火大会」は、対岸の市川市の「市川市民納涼花火大会」と同時開催となっています。江戸川区側、市川市側合わせて100万人以上が来場する都内でも有数の人気を誇る花火大会。地元の人を中心に夏の風物詩として賑わいを見せます。

2018年の第43回「江戸川区花火大会」の見どころは、高さ50メートルという巨大な富士山の仕掛け花火です。富士の空に可憐に舞う桜吹雪が花火で表現されます。

「江戸川区花火大会」には8つの異なるテーマがあり、テーマごとにイメージに合わせた音楽に乗せて花火が打ち上がります。

「江戸川区花火大会」の名物とも言える「絢爛!江戸川夢華火!」は、オープニングを飾る花火。5秒間に1,000発の花火が一気に打ち上がり、豪華で迫力のある花火が大会の始まりを告げてくれます。

地元の人に愛されているのも「江戸川区花火大会」の特徴。江戸川区内の各所に設置されている「ワンコインボックス」は、「江戸川区花火大会」を支えるための募金箱で、区民の心意気によって花火大会が開催されていることがわかります。

公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/

開催日時

平成308月4日(土曜日)19:15〜20:30

※悪天候の場合は8月5日に順延、5日も打上げ不可能な場合は中止

打ち上げ玉数

約14,000発

例年の人出

約139万人(江戸川区側約90万人、市川市側約49万人)

開催場所

江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先)

出典:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/kaizyouannaizu.html

会場までのアクセス

  • 都営新宿線 篠崎駅 徒歩約15分
  • JR総武線 小岩駅 徒歩約25分
  • 京成線 京成江戸川駅 徒歩約25分
  • 都営新宿線 瑞江駅 徒歩約45分
  • 京成バス 南小岩二丁目駅 徒歩約10分
  • 京成バス 新皆面橋駅 徒歩約10分
  • 京成バス 中図師駅 徒歩約10分

最寄り駅である都営新宿線の篠崎駅は、例年大変な混雑となります。帰りは皆が一斉に動き出すため、篠崎駅以外の駅を利用することが推奨されています。

駐車場

「江戸川区花火大会」には公式の駐車場はありません。車での来場は近隣への迷惑になり、緊急車両の通行の妨げにもなるので、江戸川区花火大会実行委員会事務局により固く禁じられています。

花火大会当日は大幅な交通規制が実施されるので、「江戸川区花火大会」へは公共交通機関で行くようにしましょう。

有料観覧席

「江戸川区花火大会」と「市川市民納涼花火大会」は同時開催の花火大会ですが、江戸川側には有料観覧席はありません。

当日に場所取りをせずゆったりと花火を観覧したい場合は、市川市側の有料観覧席に申し込みをすると良いでしょう。

販売期間

平成30年6月24日(日)午前10時~
※売り切れ次第終了

座席の種類と金額

  • 桟敷席(定員4人・180㎝×90㎝):1マス18,000円
  • ペア席(定員2人・平面150㎝×90㎝):1シート10,000円
  • ペア席(定員2人・斜面150㎝×90㎝):1シート9,000円
  • イス席(定員1名上段または下段・パイプ椅子):1席6,000円

申し込み方法

  • チケットぴあホームページ(https://t.pia.jp/)
  • チケットぴあ店舗
  • サークルK・サンクスの各店舗(チケット購入端末機 Kステーション)
  • セブンイレブン(マルチコピー機)

江戸川区花火大会の穴場スポット

穴場スポット1:篠崎公園


なるべく花火打ち上げ会場近くの穴場スポットで花火を観覧したい人は、「篠崎公園」がおすすめです。芝生になっている広い公園で、打ち上げ会場は目の前。家族連れや友達同士で「篠崎公園」に花火観覧に訪れる人も多いです。

場所:東京都江戸川区上篠崎1丁目25
最寄り駅:都営新宿線 篠崎駅 徒歩約15分
公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/shinozaki.html

穴場スポット2:行徳会場

江戸川区側と市川市側を分断する江戸川の三角地帯にあるのは、市川市民納涼花火大会の「行徳会場」と呼ばれている場所です。東京メトロ東西線の妙典駅から徒歩約20分の河川敷で、公式会場でありながら比較的ゆっくりと花火観覧を楽しめる穴場のスポット。

花火打ち上げ会場からは少し離れた場所ですが、河川敷で花火を観覧したい人にはおすすめの穴場です。

場所:東京都江戸川区東篠崎町250近く
最寄り駅:東京メトロ東西線 妙典駅 徒歩約20分
公式サイト:http://www.ichikawa-hanabi.jp/kaijou.html

穴場スポット3:篠崎ポニーランド公園


河川敷で納涼感を得ながら花火大会を楽しみたい人には、「篠崎ポニーランド公園」とその周辺の河川敷がおすすめの穴場です。花火打ち上げ会場よりも少し南側に離れるので花火は小さくなりますが、人が少ないので混雑を避けたい人は「篠崎ポニーランド公園」周辺が良いでしょう。

場所:東京都江戸川区篠崎町3丁目
最寄り駅:都営新宿線 篠崎駅 徒歩約15分
公式サイト:edogawa-kankyozaidan.jp

穴場スポット4:総武線の高架下

JR総武線の高架下は河川敷になっていて、北側から花火を観覧できる穴場スポットとなっています。総武線の小岩駅、または京成線の江戸川駅からアクセスする場合は、総武線の高架下付近で観覧すると帰りもスムーズに駅に辿り着けるでしょう。

場所:東京都江戸川区東小岩3丁目付近
最寄り駅:京成線 京成江戸川駅 徒歩約15分・JR総武線 小岩駅 徒歩約20分

穴場スポット5:屋形船

河川敷で開催される花火の特徴は、屋形船が出ること。屋形船は花火観覧の穴場スポットとなります。

「江戸川区花火大会」でも江戸川に屋形船が出て、船の上から優雅に花火を観覧することができます。屋形船の上では食事やアルコールを楽しめるのもポイント。夏の思い出作りに屋形船で花火を見るのはいかがでしょうか。

江戸川区花火大会の周辺を観光するなら

小岩菖蒲園


「小岩菖蒲園」は京成江戸川駅近くにある回遊式の庭園で、園内を飾るのは地元の人から寄贈された花菖蒲なのだそうです。4,900平方メートルという大きい敷地はのんびり散策するのに向いています。

住所:東京都江戸川区北小岩4丁目
電話番号:03-5662-0321
ゲート開放時間:4月~9月は8:30-18:00
公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/koiwa.html

善養寺

「善養寺」は「小岩不動尊」の別名でも知られるお寺です。日本一とも称される国の天然記念物「影向のマツ」が有名で、樹齢はなんと600年以上という立派なクロマツが見られます。

花火大会のメイン会場にも近いので、花火大会前に訪れるのにぴったり。涼しげなお寺で一息入れてみてはいかがでしょうか。

場所:東京都江戸川区東小岩2丁目24

篠崎公園


花火観覧の穴場のスポット伴っている「篠崎公園」は、スポーツ施設やバーベキュー広場がある広い公園です。アクティブな1日を過ごしたい人は、「篠崎公園」でスポーツやバーベキューを楽しんでから花火観覧という流れも良いでしょう。友達とワイワイ過ごしたい人におすすめのレジャースポットです。

場所:東京都江戸川区上篠崎1丁目25
電話番号:03-3670-4080
公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/shinozaki.html