神宮外苑花火大会の楽しみ方(見どころと穴場のスポット・周辺観光スポット)

2018神宮外苑花火大会 の概要〜楽しみ方

「神宮外苑花火大会」は、アーティストによるライブと一緒に花火を楽しむことができる東京の夏のビッグイベントです。「神宮外苑花火大会」の見どころや穴場のスポット、周辺の観光スポットをご紹介します。

神宮外苑花火大会の見どころ

「神宮外苑花火大会」は東京都内では遅めの日程で行われる花火大会です。神宮球場、神宮軟式球場では毎年豪華なアーティストが登場し、ライブやイベントを楽しむことができるのも大きな見どころです。

2018年の「神宮外苑花火大会」を盛り上げてくれるのは以下のアーティストたち。人気の花火大会なので、早めにチケットを入手することを心がけましょう。

  • 神宮球場
  • PUFFY・m-flo・Crystal Kay・須澤紀信・りんともシスターズ・電波少女

  • 神宮軟式球場
  • Aqua Timez・電撃ネットワーク・カイワレハンマー・カノエラナ・みかんサイダー・FIZZY POP(ナチュラル炭酸)・Chuning Candy

神宮外苑の周辺には屋台の出店もあり、夏祭りのムードが満点。恋人、友達、家族といろいろなシーンで楽しめる花火大会です。

公式サイト:http://www.jinguhanabi.com/

開催日時

平成30年8月11日(土)19:30〜20:30

※雨天決行。荒天時は翌12日(日)に順延。

打ち上げ玉数

約12,000発

例年の人出

約37万人

開催場所

東京・明治神宮外苑

出典:http://www.jinguhanabi.com/access.html

花火は神宮第2球場周辺から打ち上がるので、神宮球場、神宮軟式球場、秩父宮ラグビー場のいずれからも近い距離で観覧できます。

  • 神宮球場
  • メイン会場となるのは神宮球場。アーティストによるライブの後、熱気に包まれたまま花火の打ち上げがスタートします。

  • 神宮軟式球場
  • チケットを購入すれば全席自由となっているのは神宮軟式球場。夏祭りの会場のようで、友達とワイワイ楽しみたいなら神宮軟式球場がおすすめです。

  • 秩父宮ラグビー場
  • 秩父宮ラグビー場では、映像配信で神宮球場のライブを見ることができます。花火は間近に打ち上がるので迫力満点。十分楽しめる会場です。

会場までのアクセス

    神宮球場

  • 東京メトロ 外苑前駅 徒歩約6分
  • JR中央線 信濃町駅 徒歩約12分
    神宮軟式球場

  • 東京メトロ 青山一丁目駅 徒歩約12分
  • JR中央線 信濃町駅 徒歩約7分
    秩父宮ラグビー場

  • 東京メトロ 青山一丁目駅 徒歩約8分
  • 東京メトロ 外苑前駅 徒歩約5分

駐車場

「神宮外苑花火大会」には公式の駐車場はありません。花火大会当日は大幅な交通規制が実施されて周辺の駐車場も利用ができなくなりますので、公共交通機関で訪れることが推奨されています。

「神宮外苑花火大会」は最寄りの東京メトロの駅、JRの駅から近いので、電車で行くのがおすすめです。

チケット

「神宮外苑花火大会」を球場内で花火を観覧する場合は、全てチケットの購入が必要です。

販売期間

先行(チケットぴあ) 平成30年5月29日(火)12:00~6月6日(水)11:00
一般発売 平成30年6月9日(土) 10:00~

座席の種類と金額

    神宮球場

  • アリーナSS席 8500円
  • アリーナS席・スタンドS席 7000円
  • アリーナA席・スタンドA席 6000円
  • スタンドB席 5000円
    神宮軟式球場(全席自由)

  • 前売 3500円
  • 当日 4500円
    秩父宮ラグビー場(全席指定)

  • スタンド席 3500円

申し込み方法

  • チケットぴあホームページ(https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1805721)
  • チケットぴあ店舗

神宮外苑花火大会の穴場スポット

穴場スポット1:明治記念館のビアテラス

明治記念館にはビアテラス「鶺鴒」があります。キンキンに冷えたビールと美味しい食事を楽しみながら、神宮の花火が見られる穴場のスポットです。格式高く雰囲気のいいビアテラスなので、大人デートにもおすすめ。JR信濃町駅から近いのもポイントです。

場所:東京都港区元赤坂2丁目2-23
最寄り駅:JR中央線 信濃町駅 徒歩約5分
公式サイト:meijikinenkan.gr.jp

穴場スポット2:聖徳記念絵画館

明治神宮外苑にある「聖徳記念絵画館」の前には広場があり、神宮の花火が見られる穴場のスポットです。「聖徳記念絵画館」は80枚の名画を展示する絵画館で、政治や文化の歴史資料館としての役割も担っています。

場所:東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
最寄り駅:JR中央線 信濃町駅 徒歩約5分・都営大江戸線 国立競技場駅 徒歩約5分・東京メトロ 青山一丁目駅 徒歩約10分
公式サイト:http://www.meijijingugaien.jp/art-culture/seitoku-gallery/

穴場スポット3:新宿NSビルの展望台

高層ビルの上からは花火をよく見ることができます。無料の展望台がある神宮に近い高層ビルといえば「新宿NSビル」。29階にあるレストラン街のレストランからでも神宮の花火が見えるので、レストランで食事を楽しみながら上空に打ち上がる花火を観覧できる穴場です。

場所:東京都新宿区西新宿2丁目4-1
最寄り駅:都営大江戸線 都庁前駅 徒歩約3分・JR線私鉄各線 新宿駅 徒歩約7分・西武線 新宿駅 徒歩約15分
公式サイト:shinjuku-ns.co.jp

穴場スポット4:明治公園周辺

明治公園は閉鎖されてしまったので現在入ることはできませんが、明治公園周辺では神宮の花火がよく見えます。花火打ち上げ会場からも近いので迫力のある花火が見られる穴場のスポットです。

場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2丁目付近
最寄り駅:都営大江戸線 国立競技場駅 徒歩6分

穴場スポット5:恵比寿ガーデンプレイス

「恵比寿ガーデンプレイス」の38階と39階にはレストランがあり、高い位置から神宮の花火を楽しむことができます。打ち上げ会場から離れているので大きい花火ではありませんが、ロマンチックな場所で花火が見られるのでデートに最適の穴場です。

場所:東京都渋谷区恵比寿2丁目20番 恵比寿ガーデンプレイス
最寄り駅:JR・東京メトロ 恵比寿駅 徒歩約10分
公式サイト:gardenplace.jp

神宮外苑花火大会の周辺を観光するなら

新宿御苑

「新宿御苑」は大名屋敷の跡地に作られた広大な公園です。イギリス式庭園、フランス式庭園などで飾られた庭園の他に、温室、茶室や食堂もあり、長時間楽しめるおすすめの周辺観光スポット。庭園を散策した後は茶室でまったりした時間を過ごせます。

住所:東京都新宿区内藤町11
電話番号:03-3350-0151
入園時間:9:00-16:00
公式サイト:http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/index.html

明治神宮

「明治神宮」は森の中にある神社。都内では珍しく緑が広がりマイナスイオンをたっぷりと浴びられそうな場所です。「加藤清正の井戸」は強力なパワースポットとも言われており、運気向上や金運アップを求めて訪れる人が後を立ちません。

場所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
電話番号:03-3379-5511
8月の開門時間:5:00-18:00
公式サイト:http://www.meijijingu.or.jp/index.html

表参道ヒルズ

花火大会の前にショッピングとグルメを楽しみたいという人には、「表参道ヒルズ」に行ってみましょう。話題のカフェやおしゃれなレストランがあり、デートにもおすすめの観光スポットです。花火大会前に洋服を買いすぎてしまわないように要注意。

場所:東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号
電話番号:03-3497-0310
営業時間:ショッピング 11:00-21:00(日曜は20:00)・レストラン 11:00-23:30(日曜は22:30)・カフェ 11:00-21:00(日曜は20:00)
公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/shinozaki.html