屋形船の乗船場所はどこがいい?人気の乗船場所まとめ

屋形船はどこから乗船すればいい?

屋形船に乗船する時に、どの場所から乗ったらいいか迷う人も多いのではないでしょうか。

乗船場所によって屋形船が周遊するコースが異なります。また、観光の途中で屋形船に乗るのか、会社帰りに宴会で屋形船に乗るのか、など利用シーンによって都合の良い乗船場所は変わってきます。

東京周辺の屋形船の乗船場所と、各乗船場所からの一般的なルートをご紹介します。

浅草

東京の屋形船と言えば、隅田川のイメージを持つ人が多いはずです。隅田川が流れる浅草には屋形船の乗船場があり、浅草観光と合わせて屋形船に乗船する観光客に人気となっています。

浅草の屋形船の乗船場は浅草駅近くの吾妻橋周辺や、浅草駅から北に15分ほど歩いた桜橋周辺にあります。乗船場からはスカイツリーや、アサヒビールの本社ビルが見え、外国人にも人気がある乗船場の一つ。春は隅田川の満開の桜を眺めることもできる場所で、屋形船のおすすめの乗船場です。

隅田川を周遊コースを選択したいなら、浅草の乗船場に行くと良いでしょう。浅草観光とセットで訪れるのがおすすめです。

吾妻橋周辺の乗船場:浅草駅から徒歩約5分
桜橋周辺の乗船場:浅草駅から徒歩約15分

お台場

浅草と並んで人気の屋形船の乗船場は、お台場です。

お台場の屋形船の乗船場は、ゆりかもめの青海駅にあります。近くにはヴィーナスフォートや大江戸温泉物語があり、ショッピングや温泉施設を楽しんだ後に屋形船に乗船するというコースが取れます。

お台場を出た船は、品川や浜松町を通って浅草方面に向かうコースもありますし、お台場周辺を遊覧し美しい夜景を楽しむことコースもあります。夜景を楽しむことができるコースは、カップルにおすすめ。お台場はデートに最適の屋形船の乗船場です。

お台場の乗船場:ゆりかも目の青海駅から徒歩約5分

晴海

お仕事帰りの会社員や、会社の宴会で屋形船に乗船する場合におすすめなのは、晴海の乗船場です。勝どき駅の近くで、晴海の乗船場をメインの乗船場としている屋形船もあります。

晴海の乗船場は築地市場から近いので、築地で市場グルメを堪能した後に屋形船に乗船するという流れも良いでしょう。銀座からも近いので、屋形船の乗船前後に銀座でショッピングやグルメを楽しむこともできます。

晴海とお台場周辺を周遊するコースや、隅田川の方まで足を延ばすコースもあり、コースの選択がしやすい乗船場です。

晴海の乗船場:大江戸線の勝どき駅から徒歩約3分

越中島

下町エリアの越中島にも屋形船の乗船場があります。JR線・東京メトロ・都営地下鉄線が使えるアクセスしやすい場所です。

月島駅からも歩いていくことができるので、屋形船乗船前に月島のもんじゃ焼き屋さんで0次会をしていくというのも楽しそうです。

越中島の乗船場からは北上すれば隅田川へ、南下すれば晴海・お台場方面へ遊覧することができます。越中島はコース選択のしやすい乗船場でもあります。

越中島の乗船場:JR京葉線の越中島駅から徒歩約5分・東京メトロ東西線の門前仲町駅から徒歩約8分・東京メトロ有楽町、都営大江戸線の月島駅から徒歩約8分

品川

会社の宴会や同窓会などで屋形船を利用する場合におすすめの乗船場は、品川です。品川にあるのは老舗の屋形船の乗船場。都内はもちろん、近隣の県からのアクセスも良い場所なので、大勢が集まる宴会には最適です。品川を出船する屋形船は、隅田川の方面に周遊します。

品川の乗船場:品川駅から徒歩約13分・りんかい線の天王洲アイル駅から徒歩約15分

浜松町

働くサラリーマンに人気の屋形船の乗船場は、浜松町です。駅から乗船場まで近く、JR線・都営地下鉄線でアクセスできる便利な場所にあります。浜松町を出船する屋形船は、隅田川の方面に周遊するコースが多いです。

浜松町の乗船場:JR線浜松町駅から徒歩約5分・都営大江戸線、浅草線の大門駅から徒歩約5分・都営三田線の芝公園駅から徒歩約5分

江戸川

江戸川の花火大会の時に人気となる乗船場は、江戸川の一之江周辺です。江戸川区や市川市から屋形船に乗船したい場合は、江戸川の乗船場を利用すると便利でしょう。

江戸川から出船する屋形船はお台場や隅田川までは周遊しないコースが多いですが、その分リーズナブルな料金設定となっています。江戸川の風情を感じながら屋形船の雰囲気を楽しみ、さらに価格を抑えたい人にはおすすめです。

江戸川の乗船場:都営新宿線の一之江駅から徒歩約3分

葛西橋

千葉方面からアクセスしやすいのは、南砂町駅近くの葛西橋の乗船場です。葛西臨海公園や東京ディズニーランドの周辺を遊覧するコースや、お台場まで足を伸ばしてくれるコースがあります。

東京ディズニーランドや葛西臨海公園で遊んだ後に屋形船に乗船したいという欲張りな人におすすめの乗船場です。

葛西橋の乗船場:東京メトロ東西線の南砂町駅から徒歩約10分

北千住

隅田川を周遊するルートをメインで楽しみたい人には、北千住の乗船場もおすすめです。北千住の方面から隅田川を下って、スカイツリーやアサヒビール本社ビルが見えるルートを通ります。

北千住の乗船場:東武伊勢崎線の堀切駅から徒歩約3分・京成本線の京成関屋駅から徒歩約5分・東武伊勢崎線の牛田駅から徒歩約5分

浦安

かつては漁師町だった千葉県の浦安市は屋形船が現在でも残っていて、複数社が屋形船を出しています。浦安を出船する屋形船は東京ディズニーランドや葛西臨海公園周辺を遊覧するコースや、お台場まで足を延ばせるコースがあります。

浦安の屋形船の乗船場は元町エリアとなる東西線の浦安駅の近くです。浦安駅の周辺には昔から続く浦安市場があるので、市場で浦安の歴史を知ってから屋形船に乗ると、より趣を感じられるかもしれません。

浦安の乗船場:東京メトロ東西線の浦安駅から徒歩約5分

横浜

屋形船というと下町のイメージがありますが、横浜にも屋形船はあります。神奈川県にお住いの人は、横浜から出船する屋形船に注目してみてください。乗船場は桜木町の近くにあり、アクセスが良いので便利です。

横浜の屋形船はベイブリッジ、大桟橋、赤レンガ倉庫、ぷかり桟橋、ランドマークタワーなどみなとみらいを周遊するコースです。夜は夜景が美しいロマンチックな周遊コースなので、デートにおすすめの屋形船です。

横浜の乗船場:JR桜木町駅から徒歩約5分

送迎サービスがある屋形船も

屋形船の運営会社によっては東京駅、上野駅などの主要な駅から出船場まで無料の送迎サービスを行っている場合があります。特に、宴会で屋形船を利用する場合は、無料送迎サービスを利用すると移動が便利です。

屋形船は定時出船のため、無料送迎サービスをうまく活用して集合時刻に遅れないようにしましょう。

屋形船の乗船場まとめ

東京周辺で屋形船に乗船する場合は大きく分けて4つのエリアがあります。一番人気があるのは年間を通して楽しめる隅田川のエリア、デートにおすすめなのはお台場エリア、または横浜エリア、リーズナブルに楽しみたいなら舞浜・葛西のエリアです。

隅田川とお台場を周遊するコースや、舞浜からお台場に向かうコースなど、複数エリアをまたいでくれるコースもあるので、各屋形船の提供コースをよく比較して、周遊したいルートを検討してみてください。

昼に乗船するのか夜に乗船するのかでも、各コースの見どころは変わってきます。桜を見たい、スカイツリーを見たい、恋人と夜景を見たいなど、屋形船から見てみたい景色も合わせて考えてみると良いでしょう。